テーマパーク

ムーミンバレーパークに行ってきた!〜楽しみ方やお土産をご紹介〜

ムーミンバレーパークの入口

こんにちわ、みぃです♡

先日、友人とムーミンバレーパークに行ってきました〜!

ムーミンバレーパークで記念撮影

お天気も良く、久々に自然を感じながら丸一日過ごせたのでとってもいい一日でした( ^ω^ )

ムーミンバレーパークは2019年3月16日にOPENしたばかり。

これから遊びに行かれる方のために、ムーミンバレーパークの楽しみ方やお土産についてまとめていこうと思います!

ムーミンバレーパークへのアクセス・入場料金は?

ムーミンバレーパークは都内からだと電車で約90分、埼玉県の飯能駅北口から直行バスが出ています。

私が行ったのは土曜日で、バスの本数も多く待ち時間が少かったのでスムーズに往復できました。

注意して頂きたいのは、ICカードが使えるバスと使えないバスがあること。

念のため小銭を用意して行くことをおすすめします、運賃は片道200円でした。

車で行かれる方は、停められない可能性もあるので事前に駐車場のWeb予約をするのがいいと思います。

【Web予約】事前精算の場合

  • 平日 ¥1,500
  • 土日祝 ¥2,500

【予約なし】現地精算の場合

  • 平日 10分 ¥100 (上限¥1,800)
  • 土日祝 30分 ¥500 (上限¥3,000)

ムーミンバレーパークの入園チケットの料金は以下の通りです。

  • おとな(中学生以上) ¥1,500
  • こども(4歳以上小学生以下) ¥1,000

当日窓口で購入できますが、オンラインで事前購入していくと入場がスムーズです。

また、パーク内には以下の4つの有料アトラクションがあります。(※フリーパスはありません)

すべて時間予約制なので、ここは絶対行きたい!というアトラクションが決まっている方は、オンラインで事前予約しましょう。

  • ムーミン屋敷ツアー ¥1,000
  • リトルミィのプレイスポット ¥700
  • 海のオーケストラ号 ¥1,000
  • 飛行おにのジップラインアドベンチャー ¥1,500

特にムーミン屋敷ツアーは一回20名と参加できる人数が少なく、かなり混雑しているため当日券の入場は厳しい状態です。

私たちも当日券売機に並びましたが、購入できませんでした…このツアーに参加しないとムーミン屋敷の中に入ることができないので、外観を眺めるだけになってしまいます(笑)

遠くから足を運ばれる方は特に、タイムスケジュールをある程度決め、公式HPから事前予約をしておくと安心です。

アラビカ京都のコーヒー
【母の日旅行】京都2泊3日~おしゃれカフェ編~こんにちわ、みぃです♡ 先日有休を頂き、母と2泊3日で京都へ行ってきました~! 母は4月生まれなので、毎年母の日と合わせて旅...

ムーミンバレーパーク 【公式HP
〒357-0001
埼玉県飯能市宮沢327-6
メッツァ
TEL:0570-001-630

◆アクセス
西武新宿線「飯能駅」より直行バス13分
JR八高線「東飯能駅」より直行バス12分

ムーミンバレーパーク

ムーミンバレーパークの4つのエリアって?

ムーミンバレーパークは大きく分けて4つのエリアに分かれています。

一つずつご紹介していきましょう。

Poukama(ポウカマ)/はじまりの入り江

まずは、はじまりの入り江です。

入園ゲート前は撮影スポットなので、写真を撮りたい人たちで混み合っていました。

ムーミン&スノークのおじょうさん、スナフキン&リトルミイなど、本の形をした4つの大きなウェルカムゲートが並んでいます。

ムーミンバレーパークのウェルカムゲート

本をくぐり抜けて、いざムーミンの物語の世界へ!という感じですね。

ムーミンバレーパークのウェルカムゲート

エントランス施設には、可愛いパンケーキレストランとはじまりの店があります。

はじまりの店にはムーミングッズやお土産のお菓子がたくさん売っていますが、出入口は共通なので、こちらは最後に戻ってくる場所ということになります。

中の施設にも同じ商品が販売されているので、ここは最初はスルーして、買い忘れたお土産があったら最後にはじまりの店に立ち寄るのがスムーズでしょう。

Muumilaakso(ムーミンラークソ)/ムーミン谷

ムーミン谷はムーミンバレーパークのメインエリアで、パークのシンボルであるムーミン屋敷が建っています。

ムーミン屋敷はムーミンパパが自分で設計図を書いて建てた家で、原作に忠実に再現されているようです。

ムーミン屋敷の中に入りたい方は、先程申し上げた通り、有料アトラクションムーミン屋敷ツアーのチケットを事前予約しましょう。

閻魔の劇場

広場にあるエンマの劇場では、ムーミン、ムーミンパパ、ムーミンママ、リトルミイ、スナフキン、スニフによるライブエンターテインメントが繰り広げられています。

なんとこちらのショーは俳優小栗旬さんの実兄、小栗了さんが演出されているんだとか。

1日3回(11:00/15:00/16:30)公演なので、見逃さないようにしましょう!

席は先着順なので、座って鑑賞したい方は開演時間より早めに向かうのがいいですね。

ムーミン谷には有料アトラクション、リトルミイのプレイスポット海のオーケストラ号もあります。

この2つは比較的空いている印象でしたので、当日券が残っている可能性が高いかもしれませんが、確実に入りたい方はやはり事前予約がおすすめです◎

また、ムーミン谷にはテーマに合わせたショップが4つあり、いちばん混雑していたのがリトルミイのお店です。

ムーミンの中でも人気のキャラクターミイと、ミイの姉ミムラねえさんのグッズが所狭しと並んでいるので、ミイ好き女子は必見ですよ♡

リトルミイのお店

また、ポスティというお店では、壁一面にムーミン谷の仲間たちのポストカードやレターセットが並べられています。

ムーミンバレーパークのポスティこちらで手紙を投函すると、ムーミンバレーパーク限定の消印が押してもらえるんだとか。

Kokemus(コケムス)/コケムス

続いては、ムーミン屋敷に隣接するコケムスです。

コケムスは地上3階建ての施設で、ムーミンバレーパークの中でいちばん大きなショップとレストランが入っているため、常に混雑しています。

1階にあるレストラン、ムーミン谷の食堂は先に人数と電話番号を登録し、整理券を取って順番が来たら電話で呼び出してくれるシステム。

お昼時は混むので、少し時間をずらして行くのがいいかもしれません。

さすがにテーマパークらしく、割と高めの値段設定…味は普通でした(笑)

ムーミンバレーパークのミートボール

【注文したメニュー】
・雪玉のミートボール ¥1,404
・カフェラテ(ICE) ¥432

レストランの隣はムーミン谷の売店なので、ここでお土産をまとめ買いしましょう!

可愛いムーミングッズやお土産のお菓子がたくさんあって悩みすぎてしまうので、いくらでも時間を潰すことができます(笑)

食事を終えて2階に上がると、ムーミン谷のジオラマが吹き抜け空間に広がっていました。

ムーミンバレーパークのジオラマ

この大きなジオラマは8mを超えるので、3階からも覗いて見ることができます。

2階には小さなカフェとショップがあり、テラスからはムーミン谷を一望することができます。

テラスから見たムーミン谷

ちょっと休憩したいときは、カウッパ ヤ カハヴィラというこちらのカフェを利用するのがおすすめです。

時間帯にもよりますが、意外と空いていたので穴場かもしれません。

こちらもレストラン同様、割と高めの値段設定でしたが、ケーキは見た目も可愛くて美味しかったです♡

ムーミンバレーパークのタルト

【注文したメニュー】
・青い帽子のシトラスタルト ¥702
・本日の紅茶(HOT) ¥540

2階と3階は、主に展示施設となっています。

例えば本の中のこのシーン。

ムーミンバレーパークの展示

こんな風に、リアルな体感展示として表現されています。(ちょっと怖い…)

ムーミンバレーパークの展示

他にも、いまにも動き出しそうな体感絵本の展示も。

ミイがメインの絵本のようでとっても可愛かったのですが、こちらは日本語表記がなく絵本の内容がまったく分かりませんでした(笑)

ムーミンバレーパークの展示

最初は雨のシーンで、最後は空が晴れていたのでハッピーエンドだったんだなと勝手に解釈しています(笑)

ムーミンバレーパークの展示

一部撮影禁止スポットもありましたが、ほとんどのコーナーがカメラOKなので、記念撮影には持ってこいです。

ただ、どこもかしこも混雑しているので、ゆっくり写真撮影をするのは難しいかもしれません。

空いている場所を探して、タイミングを見計らって上手に撮りましょう(笑)

Yksinaiset vuoret(ユクシナイセット ブオレット)/おさびし山

最後はムーミンバレーパークの入園ゲートからいちばん遠いエリア、おさびし山です。

有料アトラクション、飛行おにのジップラインアドベンチャーはこちらにあり、おさびし山の頂上から宮沢湖の上を滑空します。(見てるだけでも怖かった…)

また、子どもたちが楽しそうに遊んでいたのはヘムレンさんの遊園地というアスレチック。

ヘムレンさんの遊園地

チョークで自由に落書きができる大きな黒板もあり、みんな楽しそうに遊んでいました。

ヘムレンさんの遊園地

逆に大人が楽しめそうなエリアはなく、唯一期待していたスナフキンのテントは、ただ緑色のテントが張ってあるだけ…?(笑)

スナフキンのテント
いちばん奥まで行ったのに、小さなテントだけがポツンと佇んでいたことが、とにかく衝撃的でした(笑)

スナフキン本人がテントの中から登場したりすることもあるのでしょうか…?

【追記】

後日、母が友人と遊びに行った際にはスナフキンが登場したそうです!

バスツアーなんかで行くと、出てくるみたいですね(笑)

ムーミンバレーパークでおすすめのお土産をご紹介!

いかがでしたでしょうか。

ムーミンバレーパークは2019年3月にOPENしたばかりですので、まだまだこれから発展の余地がありそうです。

特に有料アトラクションが4種類とまだ少ないので、新しいアトラクションが増えてくれることと、入園+アトラクションのフリーパスができることを期待します。

ショップのグッズやお土産は種類豊富でしたので、ムーミン好きは楽しめること間違いなし!

ちなみに、職場や友人などに配る小分けのお土産は瓦せんべいがおすすめです◎

絵柄が3種類あって、14枚入りで1,080円なのでコスパ良し!

リトルミイの瓦せんべい

自分用のお土産には、リトルミイのスケジュール帳とペンケースを購入しました。

こちらはムーミンバレーパーク限定のものではないようですが、可愛かったので(笑)

リトルミイの手帳とペンケース

また、ムーミンバレーパークの手前にはメッツァビレッジというエリアがあり、レストラン棟やマーケット棟は入園チケットを購入しなくても誰でも入ることができます。

有料スポットにはカヌーやボート、ファンモックで遊べる広場もあり、ムーミンバレーパークと合わせて家族や恋人、友人同士で一日中楽しむことができますよ♬

大自然の中なので、帽子や日焼け止め、虫よけスプレーなどを用意して行きましょう!

東京ストロベリーパークのいちごタワー
【ランチ】いちごタワー登場ビュッフェ!「東京ストロベリーパーク」こんにちわ、みぃです♡ 先日、友人と東京ストロベリーパークに行ってきました〜! 東京ストロベリーパークは、201...