住まい・暮らし

アラサー独身女がマンションを購入した理由!かかった費用【全公開】

welcomeリースとドライフラワー

独身女性の私が中古マンション購入に辿りつくまで

うさぎとハムスター
こんにちわ、みぃです♡

最近、独身女性でもマンションを購入される方が増えてきていますよね。

実は私も昨年末、都内に中古マンションを購入しました。

間取りは1LDK。

欲を言えば2LDKで予算内の物件があればと思っていたんですが、どうせ物置になってしまう可能性大なので、いま考えると私には1LDKが合っていたなと思います。

そもそも2LDKで予算内の物件なんてありませんでした(笑)

プロフィールに記載の通り、旦那とは年内に事実婚予定ですが、お互いの仕事の都合上あくまで予定の段階であり、この記事では独身という表記にさせて頂きますね。

そもそも法律婚じゃないから、事実婚の手続きをしたところで戸籍上はお互い独身なんですけどね。

そんなわけで、現在は私の購入したマンションに同居中ですが、彼は彼で自分の持ち家があるので(住んでないけど…)今回の中古マンション購入は完全に私の持ち家のお話です。

独身女性の私が中古マンションを購入した理由

フランフランのソファー独身の私がなぜ中古マンションを購入しようと思ったのか。

理由はたくさんありますが、その中でも大きなきっかけがいくつかあるのでお話していきます。

中古マンション購入のきっかけ

独身の私が中古マンションを購入した理由は、大きく分けて5つあります。

  1. 母の勧めがあり、親の資金援助があった。
  2. これ以上賃貸で家賃を払い続けたくなかった。(特に更新料)
  3. 賃貸マンションの更新が近づいていた。
  4. いずれ買う気があるなら、増税前じゃないとバカバカしいと思った。
  5. 30代に突入し、急激に将来が不安になった。

ありきたりな理由かもしれませんが、実際にこんな感じです。

そもそも、親の資金援助がなければ普通に賃貸に住み続けていたと思います。

でも、もっと本気でちゃんと考えて…!と過去の私に言いたい(笑)

賃貸にも持ち家にも、それぞれのメリット・デメリットがあると思いますが、まずは資金面で考えてみてください。

毎月同程度の金額を払うのであれば、自分のものに払う方が絶対にいいと思いませんか?

これは、私が母に言われ続けてきた言葉です。

母は、私が初めて一人暮らしをすることになったときから「賃貸なんてもったいない」「絶対買った方がいいよ」と言い続けてきました。

20代の独身女に家を買えって…たぶん、頷く娘はこの世に一握りだと思います(笑)

でも、実際にマンションを購入したいま、最初から母の言う通りにしておけばよかった…と後悔しています。

理由はもちろん、今まで賃貸マンションに払い続けてきた家賃を見れば明確です。

賃貸マンションに住んでいた5年間でかかった費用

私が一人暮らしを始めてから、賃貸マンションに住んでいた期間は約5年です。

では、その5年間でかかった家賃を見ていきましょう。

私が初めて一人暮らしを始めた賃貸マンションを仮に(A)とします。

(A)マンション

【期間】2014年2月~2017年5月

【概要】’99年築、鉄筋コンクリート

【家賃】80,000円+管理費2,000円

【間取り】1K、洋室6帖

【ポイント】駅から徒歩2分

その後引っ越しをしてまた賃貸マンションに住みました、これを(B)とします。

(B)マンション

【期間】2017年5月~2018年12月

【概要】’17年築、鉄筋コンクリート

【家賃】99,000円+管理費5,000円

【間取り】1R、洋室7.2帖

【ポイント】新築デザイナーズ

概要などはひとまず置いといて、家賃の部分にご注目して頂けたらと思います。

(A)8万2千円×39ヶ月=319万8千円

(B)10万4千×19ヶ月=197万6千円

お分かりでしょうか?

つまり私は、5年間の賃貸生活で合計517万4千円をドブに捨ててきたというわけです…!(違う)

ちなみにこの中には敷金礼金や更新料、引っ越しにかかった費用などは含まれていません。

ゾッとしませんか…?

今さら後悔しても後の祭りですが、もしも初めからマンションを購入していれば…と思ってしまうことも正直あります。

中古マンションを購入する前に考えたこと


中古マンションを購入すると言っても、勢いだけでバン!と購入したわけではありません。

人生でいちばん大きな買い物ですし、一生住み続けることになるかもわかりません。

そんな想いの中で、私が考えたことをお話していきます。

部屋決めの絶対条件と妥協ポイント

そもそも私が一人暮らしを始めたいちばんの理由は、電車通勤がイヤだったこと。

電車に乗っている時間は45分ぐらいでしたが、乗り換えが面倒な駅でした。

と言っても実家から通える距離なので、会社から極端に近くなければわざわざ一人暮らしをする意味がありません。(親元を離れたかったのもあるけど)

見つけた物件は会社から電車で10分以内、さらに駅からも徒歩2分という好立地です。

物件自体は古いですがボロボロという感じではなく、もちろんバストイレ別、キッチンは狭めでも2コンロ、収納もそこそこありました。

大家さんが向かいの家に住んでいたこともあり、一人暮らしの女性には非常にいい物件という印象です。

初めての一人暮らしでとても楽しかったのですが、住んでいるうちに物件のいいところと悪いところがだんだんわかってくるんですよね。

最初は別になくてもいいや!と思っていたものも、実際に生活を始めると不便だなぁと思い始めました。

  • 独立洗面所がない ⇒ 手洗いはいいとしても、メイクが超不便
  • 脱衣所がない ⇒ 友人が泊まりにきたときに申し訳なさすぎる
  • 日当たりが悪い ⇒ 一階なので特に湿気がすごい

愛着のある部屋だったのですが、最終的に湿気がひどすぎたことが引っ越しを考えるきっかけになりました。

こればっかりは住んでみないと分からないので難しい話ですが、ある日洗濯機の裏からキノコが生えてきたんです(*_*)

衝撃的すぎて鳥肌が立ちました…そしてすぐに物件探しを始めました(笑)

次に引っ越したのは、新築のデザイナーズマンションです。

【物件探しの絶対条件】

  • バストイレ別
  • オートロック
  • 脱衣所
  • 独立洗面台
  • 収納たっぷり
  • 2F以上
  • 宅配ボックス
  • 築浅

【自分の中で妥協できたもの】

  • 駅から徒歩10分程度まで範囲を広げた
  • 2~3Fならエレベーターなしでも可
  • 浴室乾燥があればバルコニーなしでも可
  • 最悪追い焚きなしでOK

こうやって箇条書きにしてみると、自分で思っていたよりワガママな条件だったかもしれません(笑)

ですが、OLにしては収入にかなり恵まれていたこともあり、家賃も今までより+2万程度で考えようと、次に住む部屋は新築のデザイナーズマンションを選びました。

ただ、外観や内装のおしゃれさにこだわったのは賃貸だからの話であって、この先一生住む家かもしれないと思って考えたら、また条件は変わってきますよね。

そういった意味でも「賃貸マンションで一人暮らしをしたことがある」というのは、とてもいい経験と大きな財産になりました。

生活をしていく上でなにが必要か、妥協できる部分はどこなのか?という点が自分の中で明確になったからです。

築古物件を購入してリノベーション

実は私が中古マンションを購入するより先に考えていたのは築古物件を購入してリノベーションする方法です。

物件自体の価値が下がった築20年以上のマンションを購入し、その分の資金をリノベーション工事に回すことを考えていました。

マンション自体の外観はよくないですが、都内駅近でも築古であれば1,000万円台のマンションだってけっこうあります。

工事期間が長くなるので、住んでいた賃貸マンションを結局更新しなければならないのが悩みどころでしたが、当初はその方向で考えていました。

だって、間取りや内装も初めから自分で考えられるなんて、素敵じゃないですか?

マイホームを購入すると決めてから3ヶ月ぐらいかけて、暇を見つけては築古物件探しと中古マンション物件探しを並行してやっていました。

結果、唯一自分の中の条件にぴったり当てはまった中古マンションを見学に行き、売主様との素敵なご縁があり中古マンションを購入することになったのですが…もしそのご縁がなかったら、私は「築古物件をリノベーションする」選択をしていたと思います。

実際にとある会社さんのリノベーション相談会の予約を入れていたのですが、売主様との話がまとまった段階でそちらはキャンセルすることになりました。

私が調べた中で、中古リノベーション物件に力を入れている会社さんをいくつかご紹介していきますね。

マイリノ

フルリノベーションならマイリノは、渋谷のショールームを中心に都内各所で無料のセミナーやイベントを毎日のように開催しています。

アパレル業界初のユナイテッドアローズによるフルオーダーリノベーションや、おしゃれな家具・雑貨で人気のDULTONによるコーディネートプランなど、都内ならではのおしゃれさが魅力です。

また、私のようにペット愛が強い方、ワンちゃんネコちゃんと一緒に快適に暮らしたい方はもちろん、ペットのことで我慢したくない!なんて方も、一邸ずつ獣医師が監修して設計するリノベーションプランなんてのも。(すごいですね…!)

いろいろなイベントがありますので、自分にぴったりの無料セミナーや無料相談会を見つけてみてくださいね!

\ 資 料 請 求 は こ ち ら /

ひかリノベ

ひかリノベは、都心だけでなく茨城や長野まで対応しているリノベーション会社です。

完全自社完結型のサービスが魅力で、宅建士、建築士、インテリアコーディネーターなどの専門家が在籍しており、従来より約2か月間スケジュールを短縮することが可能です。

工事現場も自社管理しているため、SNSを通して工事進捗をこまめに報告してくれるので、自分のイメージ通りに工事が進んでいるかリアルタイムで確認することができるのも嬉しいポイントですね!

\ 資 料 請 求 は こ ち ら /

LOHAS studio

LOHAS studioは、自然素材のロハスな空間で暮らしたい方におすすめのリノベーション会社です。

中古リノベーションの無料相談はもちろん、実際に見て体験してみたい方のために、リノベーション現場見学バスツアーも毎月無料で開催しています。

また、最長10年間の工事保証や定期点検、24時間365日緊急対応の会員制サービスでライフスタイルをサポート。

長く住む家だからこそ、引き渡し後も安心して暮らせるアフターサービスが魅力的です。

\ 資 料 請 求 は こ ち ら /

中古マンションかリノベーションかでお悩みの方もいらっしゃると思います。

まずは資料を取り寄せて、情報収集するだけでも夢が広がりますよ〜♡

都内の中古マンション購入にかかった費用

モノトーンのベッドルーム私が購入した中古マンションの物件価格は3,980万円です。

マンションを購入するにあたって、物件価格の他にいろいろな支払いが発生します。

中古マンションに限らず、戸建てでも新築マンションでも同じことが言えると思うのですが、まったくの無知だったので正直こんなにかかるのか…とビックリしました。

物件価格以外に支払った金額

それでは、私が中古マンション購入にかかった費用をまとめていきましょう。

都内の中古マンション(1LDK)購入にかかった費用
※1,000円未満は切り捨てました。

【物件価格】3,980万円

【仲介手数料】135万4千円

【銀行への支払い】77万2千円

【売主様への支払い】2万8千円

【司法書士への支払い】44万8千円

トータルすると、物件価格以外に260万2千円かかったことになります。

つまり、3,980万円の中古マンション購入しても、実際に支払った金額は約4,240万円ということですね。

私の場合は母の資金援助あってこそですが、本当に一生に一度しかない大きな買い物だ…と改めて思いました。

支払いの内訳

では、物件以外にかかった費用の内訳を細かく見ていきましょう。

不動産へ支払う仲介手数料は承諾時に67万7千円、完了時に67万7千円と2回に分けて支払いました。

銀行への支払いは、事務手数料が5万4千円、住宅ローン保証料が71万8千円。

住宅ローン保証料は、もしも私が住宅ローンの返済ができなくなったときに、保証会社に住宅ローンの肩代わりをしてもらうために払うお金のことです。

つまり、銀行への支払いというよりは保証会社への支払いということになりますね。

売主様への支払いは、固定資産税や都市計画税などの清算金が5千円、管理費や修繕積立金などの清算金が2万3千円。

これは引き渡し日からの日割り計算になります。

例えば引き渡し日が6月15日だったとしたら、その年の1月1日~6月14日分までを売主様、6月15日~12月31日分までを買主が支払う、という形ですね。

私の場合は引き渡しが12月でしたので、これらの清算金は極端に安くなっています。

司法書士への支払いは、所有権の移転や抵当権の設定などにかかります。

明細を見ると、司法書士の方に来て頂いた交通費なども含まれていました(笑)

その他にも、火災保険や地震保険、鍵交換など諸々費用がかかります。

さらに、家具などもすべて買い揃えるとしたらプラス30万以上は考えておかないと不安ですよね…。

独身女性のマンション購入についてのまとめ

welcomeリースとドライフラワーいかがでしたでしょうか。

今回は、独身女性の私が中古マンションを購入したときのお話をさせて頂きました。

賃貸のときは「会社に近いから」「予算内だから」という理由だけで物件を選んでもよかったかもしれません。

ですが、購入するとなったら一生モノの買い物です。

今後価値が上がる可能性のある場所や、価値が下がる可能性の低い場所を考慮することも大事になってきますね。

私も不動産屋の担当者とよく話し「物件の価値が現在進行形で上がっている物件」「今後数年先も価値が下がる可能性は低い物件」を選びました。

もちろん保証はありませんが、大きな買い物をするならリスクが少ないに越したことはありません。

また、賃貸とは違って不動産屋の担当者の方とも長い付き合いになりますので、不動産屋選びも大事です。

会社によってはマンション購入についての説明会やリノベーションの相談会を行っているところもありますので、一度足を運んでみることをおすすめします◎